パワハラ告発 ヤマト運輸のアルバイトで暴言を吐かれたんだが

最近クロネコヤマトの仕分けのアルバイトに行っていたんだが、そこで現場のリーダーからパワハラまがいの暴言を吐かれたので、今日はそのことを話そう。

まずクロネコヤマトの仕分けの仕事なのだが、自動仕分け機により荷物が数か所に分かれたシューターに流れてくるんだが、その荷物に貼ってある番号を見て同じ番号のボックスに詰め込むいわゆる単純作業になる。
只、工場のライン作業と違いうまく詰め込まなければいけないので多少はテクニックがひつようである

問題の当日は荷物が多めのシューターを任されたのだが、まだ入って数か月ベテランと比べると体の動きはマダマダである。当然流れてくる荷量が多いとラインを詰まらせてしまいライン停止なんてこともあった。
その時は、契約社員の方がコンベアのスイッチを切ればいいと教えてくれた。
当日もやはり猛烈な勢いで荷物が流れてくる、荷物が詰まりかけたんでコンベアのスイッチを切った。
そしたらリーダーが飛んできて

こんな量でスイッチ切るなや

この言い方も大概だが、業務上のことで怒られたので致し方ないと納得した
その後が問題なのである。
暫くしてまたリーダーが戻ってきて

荷物が多かったら、荷物重ねるとかして場所確保しろ、頭使って仕事せぇや

この言葉ではっきり言ってキレかけたが別に何も言わずに一時間は仕事してた。

しかし、ラインが止まった時に何か糸が切れて
そのまま職場放棄して帰った。

これがことの顛末である

いわゆる単純作業で頭を使えとは、よく考えると笑えるが、吐いた唾は吞めぬ

やはり謝罪を要求するべきか思案中である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です